くらし情報『知的障害のある子供の接し方!今すぐできる対応法を解説します』

2021年3月1日 15:30

知的障害のある子供の接し方!今すぐできる対応法を解説します

知的障害を持つ子供に対しては、親であっても接することが難しいと感じることも多いでしょう。伝えたいと思うことがうまく伝わらず親も子もストレスを抱えることがあります。接し方や対応法について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

知的障害と発達障害の違い

目次

・知的障害と発達障害の違い
・知的障害の子供との接し方のポイント
・早めに医療機関を受診しよう
知的障害のある子供の接し方!今すぐできる対応法を解説します


知的障害と発達障害はどちらも脳の障害です。知的障害は脳に何らかの障害があるために、社会生活が難しいケースが少なくありません。

一方、発達障害も脳の障害ですが、知的障害を伴わないものもあり、個人差はありますが社会生活への適応も可能です。自閉症や学習障害、高機能広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害などの種類があり、障害によって症状や苦手なことが異なります。

知的障害の子供との接し方のポイント

知的障害のある子供の接し方!今すぐできる対応法を解説します


知的障害のある子供と接するときは、次の5つのポイントを意識するようにしましょう。

具体例を挙げて話す
知的障害のある子供は、抽象的な概念を理解することが難しいことがあります。例えば「あれ取って」と指を指しても、あれが何かを理解できないことがあるでしょう。「テーブルの上のノートを取って」などのように具体的に話すことが大切です。

また、注意をするときも「危ないから触らないで」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.