くらし情報『知的障害はいつわかるか?赤ちゃんや子供の診断時期を紹介』

2021年3月2日 15:33

知的障害はいつわかるか?赤ちゃんや子供の診断時期を紹介

知的障害は、いつわかるものなのでしょうか。赤ちゃんの頃や幼児の頃にわかるのか、診断時期について紹介します。また、疑わしい様子が見られるときにすべきことについても見ていきましょう。

知的障害はいつわかるのか?

目次

・知的障害はいつわかるのか?
・知的障害や発達障害を診断する時期
・気になるときは検診を待たずに医師に相談
知的障害はいつわかるか?赤ちゃんや子供の診断時期を紹介


知的障害とは、読んだり書いたりすることや数に興味を持ったりすることなど、さまざまな「知的」分野に対して見られる障害のため、幼少の頃から気付くことも少なくありません。

3歳までに子供の育てにくさに気付く
知的障害を持つ親は、大抵は3歳までに子供の育てにくさを感じ、「何か問題を抱えているのでは」と疑わしく思うことが多いようです。例えば、離乳食をいやがったり、偏食が多かったりすることで育てにくく感じることがあります。

また、兄弟や保育園のお友達といつもけんかをしてばかりで、育てにくいと感じることがあるでしょう。

自閉傾向があるとさらに早くわかる
コミュニケーションに問題を抱え、自閉傾向が見られる場合には、さらに早く子供が抱える問題に気付くことがあります。0歳の頃からも「泣き止まない」「抱っこをすると身体をそらせる」など、育てにくさを感じるケースが少なくありません。

知的障害や発達障害を診断する時期

知的障害はいつわかるか?赤ちゃんや子供の診断時期を紹介


知的障害や発達障害の症状は、幼いときから見られることが一般的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.