くらし情報『子どもが自閉症かも?2歳の男の子に見られる特徴や治療法を解説』

2021年3月4日 17:31

子どもが自閉症かも?2歳の男の子に見られる特徴や治療法を解説

自閉症の子がこのやり方で枕の上に頭を載せるのは、直感的にどこに頭を載せればいいか理解していないことや体がぎこちないことが考えられるでしょう。

感覚が鈍い
自閉症の子どもは、感覚が鈍いこともあります。例えば、血が出るような大怪我をしているにもかかわらず自閉症の子は外で走り回っていることもあるようです。

そのため、親が気付かないうちに怪我をすることも少なくありません。また、味覚や食感も不安定な子が多く、偏食という問題を抱えることも多いようです。

感情が不安定
感情が不安定になりがちなことも、自閉症の子どもの特徴です。例えば、朝から異様にテンションが高かったり走り回ったりすることがあります。自分で自分の気持ちを説明することが難しく、何かを思い立ったときに興奮してしまうこともあるでしょう。

こんな状況が毎日続くので、親もイライラして怒鳴ってしまうことも。怒られた子どもはさらに感情が不安定になり悪循環に陥ります。医者が嫌い
自閉症の子どもは、医者嫌いな子が多い傾向にあります。理由としては、喉の奥を見られたり注射を打たれたりなどといった不快な経験があることや、自分の身体に触れられるのが苦手なことが挙げられるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.