くらし情報『小学生の学習障害の特徴は?教科ごとのチェックポイントと対処法』

2021年2月28日 12:24

小学生の学習障害の特徴は?教科ごとのチェックポイントと対処法

子どもが小学校に就学すると、「学習障害」という言葉を耳にすることもあるのではないでしょうか。「もしかしてうちの子は学習障害?」と思っても、判断するのは難しいですよね。

こちらでは、教科ごとのチェックポイントや対処法とともに、学習障害の特徴を紹介します。

学習障害の3つの特徴

目次

・学習障害の3つの特徴
・小学生の学習障害はここをチェック
・「もしかして学習障害?」と思ったら
・一人ひとりに合った勉強法を見つけよう
小学生の学習障害の特徴は?教科ごとのチェックポイントと対処法


学習障害は、「読み書き」や「計算」といった能力に困難をきたす障がいです。LDとも呼ばれ、知的発達の遅れはありません。また、困難とされる特性によって以下の3つに分類されます。

1.読むのが苦手「ディスレクシア」
「読字障害」とも呼ばれ、字を読むことが困難な障がいです。文字に興味を持たなかったり、本を読んでいると疲れてしまったりといった特性が現れます。

2.書くのが苦手「ディスグラフィア」
「字を読めるけれど書くのが苦手」といった場合はディスグラフィアにあたる可能性があります。マス目から字が大きくはみ出したり、鏡文字になったりといった特性が見られます。

3.算数が苦手「ディスカリキュリア」
数の概念を捉えることのできない障がいです。「1、2、3…」と数えたり書いたりできるものの、その場にない物と数を結びつけるのが困難という特徴があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.