くらし情報『コロナ禍の妊娠・出産を経験して ⑤あなたを支えるヒント集:オンライン活用』

2021年3月11日 10:03

コロナ禍の妊娠・出産を経験して ⑤あなたを支えるヒント集:オンライン活用

「ZOOMなどオンラインで出会った相手と、私はママ友にはなれないと思う」

オンラインでの仲間づくりや交流についてきいたところ、コロナ禍に出産したママ達からはこのような反応が返ってきました。

コロナにより妊娠・出産・産後のママ達の孤立が深まっている、という調査結果(*1)が出ました。コロナ前は立ち会い出産を希望する妊婦のうち9割近くが希望を叶えましたが、コロナ禍では4割に減少。産後の面会希望の実現率は、コロナ前は9割、コロナ禍では2割。産後うつなどメンタル悪化の事例が増えているという報告も。

一方、男性の育休取得率は上昇し、妊産婦向けサービスのオンライン化が進んだという明るいニュースもききます。

前回までの4回の記事で、2020年4月以降の出産経験者や専門家にお話をききました。その結果より、コロナ禍の妊産婦生活をサポートする知恵をご紹介します。

コロナ禍でも「直接相談したい」というニーズには

両親学級や立ち会い出産がないことで、「一緒に親になる」というプロセスを踏めず、「パパスイッチ」がなかなか入らない例が多く見られます。ママが「一人でがんばる」「誰にも相談できない」では、自分を追いつめてしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.