くらし情報『障害を持つ子供が生まれる確率は?障害のリスクを下げる方法も』

2021年3月7日 14:00

障害を持つ子供が生まれる確率は?障害のリスクを下げる方法も

我が子は、できるだけ五体満足で生まれてきて欲しい。母親ならば、誰もが願うことかもしれません。先天的な障害や病気を持つ確率と、妊娠中に摂取する食べ物、飲酒や喫煙、出産する年齢などとは関係があることがあります。

つまり、それらの原因に注意することで子供が先天的な障害や病気を持つリスクを下げることができるのです。今回は、子供に先天的な障害がある確率や、先天的な病気を持つリスクを下げる方法を解説します。現在妊活中、妊娠中の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子供が先天的な病気・障害を持つ確率

目次

・子供が先天的な病気・障害を持つ確率
・先天的障害・病気を持つ確率を下げるには?
・子供が障害を持つ確率は減らせることがある
障害を持つ子供が生まれる確率は?障害のリスクを下げる方法も


先天的に異常があり何らかの処置が必要な赤ちゃんが生まれる確率は、平均で3%程度と言われています。ダウン症などの染色体異常のケースを除くと、母親の年齢と先天異常発生率はあまり明確な関係はないようです。

しかし、障害のうちダウン症などの染色体異常が発症する確率は、出産年齢によって変わることがあります。25歳で出産した場合、ダウン症を発症する確率は1/1250ですが、45歳の場合は1/30まで上がってしまうのです。

先天的障害・病気を持つ確率を下げるには?

障害を持つ子供が生まれる確率は?障害のリスクを下げる方法も


ここでは、先天的な病気や障害を持つ確率を下げる方法をご紹介します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.