くらし情報『読字障害(ディスレクシア)とは?特徴や子供への対処と治療法』

2021年3月8日 14:55

読字障害(ディスレクシア)とは?特徴や子供への対処と治療法

子供が成長する過程で、絵本や文章を読むスピードが遅すぎると感じたら、読字障害の可能性があるかもしれません。今回は読字障害とはどのような障害か、子供に読字障害が疑われる場合にできることについて解説します。

読字障害(ディスレクシア)とは?

目次

・読字障害(ディスレクシア)とは?
・子供に読字障害が疑われた時の対処と治療法
・療育で読字障害に適応する方法を学ぼう
読字障害(ディスレクシア)とは?特徴や子供への対処と治療法


読字障害とは、ディスレクシアとも呼ばれる文字や文章を読むことが苦手な障害です。

文字が読めないと書くことも困難になるので、読字障害を持つ人は、文字を書くことに困難を覚える書字障害を併発することがあります。

読字障害を持つ子供の特徴
読字障害を持つ子供の特徴には、以下が挙げられます。

  • 文字をきちんと発音できない
  • 文字の集まりである単語の理解が難しい
  • 聞いた言葉を記憶することが苦手
症状の現れ方には個人差があるため、挙げられた特徴の全てが当てはまるわけではありません。また、すべてに当てはまらないこともあるでしょう。文字を読むということや書くことに関して少しでも気になることがあれば、小児科や専門家に相談しましょう。

子供に読字障害が疑われた時の対処と治療法

読字障害(ディスレクシア)とは?特徴や子供への対処と治療法


子供に読字障害が疑われた場合は、どのように対応するべきでしょうか。また、治療方法はあるのか見てみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.