くらし情報『ノンバーバル・コミュニケーションを体験して子どもとの距離を縮めよう!』

2021年3月4日 09:03

ノンバーバル・コミュニケーションを体験して子どもとの距離を縮めよう!

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

言葉でのコミュニケーションが難しい0・1歳の子どもに対して、「どのように接していけば良いのかわからない…」とパパやママから相談を受けます。言葉でのコミュニケーションが取れない時にどうしたら良いのか?

そんな悩みを解消したい時におすすめなのが、「ノンバーバル・コミュニケーション」です。今回は「ノンバーバル・コミュニケーション」とはどのようなものなのか?をお話したいと思います。

目次

・私達は、言葉での伝え方を教える役目がある
・言葉で伝わらない思いを体験してみる
・子どもの目線にたつということ


ノンバーバル・コミュニケーションを体験して子どもとの距離を縮めよう!


私達は、言葉での伝え方を教える役目がある

皆さんは、言葉で物事を伝えられない時(もちろん文字などでも伝えられない)、どのように相手に思いを伝えるでしょうか?ジェスチャーなどを加えて相手に自分の思いを訴えかけたりしますよね?

0・1歳の子どもたちはまさにその状態で日々生活をしています。ですからその都度、「自分がやりたいこと、したいこと」があった場合は、大人が側について子どもたちに言葉と行動を一致できるような言葉がけをしていき、子どもたちが自分の欲求を訴えたい時にジェスチャーではなく、「言葉では、〇〇っていうのよ」言葉で伝えられるように学習させていると思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.