くらし情報『ゲームでSDGsを学ぼう!小学校でのSDGs、効果的な取り組みとは?【気になる!教育ニュース】』

2021年3月1日 10:12

ゲームでSDGsを学ぼう!小学校でのSDGs、効果的な取り組みとは?【気になる!教育ニュース】

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第40回ゲームでSDGsを学ぼう!小学校でのSDGs、効果的な取り組みとは?

新学習指導要領のポイント、SDGs
まずは最近、よく耳にする「SDGs」。「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連が制定した、持続可能な開発のための17の国際目標のことです。

次は「あつまれ動物の森(あつ森)」。ご存じ、任天堂から発売されたゲームソフトのことです。新型コロナによる巣ごもり需要もあって大ヒット!2020年の流行語大賞・トップ10にも選ばれましたね。

ゲームが「気づき」の入り口に
座学とゲーム、2部構成の授業。前半の座学では北里大学の千葉洋明准教授が地球温暖化や魚の乱獲で海の生態系が壊れつつあること、「海洋プラスチック」や海洋汚染の問題点などを講義。

「僕は魚が好き。でも、海はつながっているから、とり過ぎると日本だけでなく、世界中の魚が減ってしまうことがわかった」という男の子。ゲームを通じた疑似体験が、「魚が好き」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.