くらし情報『【入学準備特集】そうだったんだ! 知らなかった、ランドセルのいろいろ』

2021年3月8日 10:05

【入学準備特集】そうだったんだ! 知らなかった、ランドセルのいろいろ

日本の小学校に通ったことがある人なら、ほとんどの人が使用したことがあるのがランドセル。前回、ランドセルメーカーにお勤めの林 州代さんに購入のポイントをうかがいましたが、ほかにも「へぇ~」となるあれこれを教えていただきました。

ランドセルは単なる風習!?

ランドセルの歴史はなんと134年にもなるそう。兵隊の背負う布製の「背嚢」がモデルになっていて、両手をあけ、重さの負担を軽減することを目的にデザインされています。これを学校指定の通学鞄として取り入れたのが学習院。明治10(1877)年のことでした。現代の箱型になったのはその10年後、大正天皇が学習院初等科に途中入学された際に伊藤博文から献上されたものが元祖。よほど使いやすかったのでしょうか、この形が定着して現代にいたるというわけです。背嚢を意味するオランダ語「ランセル」が日本語風になって「ランドセル」と呼ばれるようになったそう。

そしてそれが公立の小学校でも導入された……のかと思いきや、実は「ランドセルを使わなくてはならない」という規則はないのだそうです。当然のことながら色にも規定や指定もないので、「小学校にあがる=ランドセルを購入」「女子は赤、男子は黒」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.