くらし情報『子供のしつけになる怒り方とは?基準と効果的な手順を解説!』

2021年3月4日 09:00

子供のしつけになる怒り方とは?基準と効果的な手順を解説!

ということを言葉と表情で伝えてください。

「ほめる」「叱る」のメリハリをつけること
子供は頻繁に危険な行為をしたり、ルールを守らなかったりするため、気が付くといつも怒ってばかりということにもなりかねません。しかし、いつも叱っていると子供は叱られることに慣れてしまい、親の言葉があまり心に響かないようになってしまいます。良いことをしたときにはきっちりとほめ、悪いことをしたときには叱るのメリハリをつけるようにしましょう。

子供のしつけとなる怒り方の手順

子供のしつけになる怒り方とは?基準と効果的な手順を解説!


子供を怒るときには、感情的になってはいけません。感情的に怒ると子供は「悪いことをした」と反省するのではなく、「怒られないようにしたい」と考えてしまいます。感情的にならないためにも、次の手順で子供のしつけとなるように怒りましょう。

1.子供のしていることを一旦認める
まず、感情的にならないためにも、一旦子供のしていることを認め、そのまま言葉にします。落書きしているなら「壁に絵を描いているね」と声に出して表現し、ほめも叱りもせずに子供に伝えましょう。

2.なぜいけないかを説明する
子供のしたことを言葉にすることで、子供は自分のしたことを客観的に見られるようになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.