くらし情報『子供のしつけは何歳から?年齢によって叱り方を変えるべき?』

2021年3月4日 14:34

子供のしつけは何歳から?年齢によって叱り方を変えるべき?

子供は良くないことをたくさんします。そこで「しつけ」が必要になりますが、何歳から始めるのが良いのでしょうか。また、どのように年齢に合わせた叱り方をできるのかについても解説します。

子供のしつけは何歳から始めるべき?

目次

・子供のしつけは何歳から始めるべき?
・子供の年齢によって伝え方を変えよう
・親が間違ったときは素直に謝ろう
子供のしつけは何歳から?年齢によって叱り方を変えるべき?


子供に「してはいけないこと」「すると良いこと」を伝えるのがしつけです。しつけを始める年齢はありません。子供が0歳のときから、良いことは良い、悪いことは悪いと伝えていきましょう。年齢によってしかること・しからないことの基準を変えてしまうと、子供を混乱させるだけでしつけになりません。

しつけの効果が出なくても伝えることが重要
幼すぎるとしつけの効果が出ず、「これはダメだよ」と伝えても何度も子供は繰り返してしまいます。しかし、子供が理解していないからといって、良くないことをしているときに放置してはいけません。子供が理解していないように見えても、良いことと悪いことの基準を伝え続けることがしつけです。

子供の年齢によって伝え方を変えよう

子供のしつけは何歳から?年齢によって叱り方を変えるべき?


いけないこと・良いことの基準は子供の年齢に関わらずぶれてはいけません。しかし、その伝え方は子供の年齢と理解力に合わせて変える必要があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.