くらし情報『女の子の反抗期は難しい?思春期に起こる行動の特徴と接し方のポイント』

2021年3月10日 08:32

女の子の反抗期は難しい?思春期に起こる行動の特徴と接し方のポイント

女の子の反抗期は、男の子よりも難しいと言われています。思春期には、女の子にどのような変化が起こるのか、主な行動の特徴や、親が女の子に接するときのポイントについて知っておきましょう。

女の子の反抗期の特徴とは?

目次

・女の子の反抗期の特徴とは?
・反抗期における接し方のポイント
・反抗期は広い心で受け止め、見守ろう!
女の子の反抗期は難しい?思春期に起こる行動の特徴と接し方のポイント


反抗期を迎えた女の子は、どのような言動がみられるでしょうか。主な特徴2点について、くわしく解説をいたします。

口が達者で反抗してくる
一般的に、女の子は男の子よりも口が達者なものですが、反抗期に入ると、さらに弁が立つようになります。そのため、親に対しても理屈をこねる、口答えをして、反抗をすることも少なくありません。

子どもによっては、親以上に口が回ることもありますので、親としては閉口してしまうこともあるでしょう。ちょっとしたことで言い争いになりがちですが、できる限り感情的にならないことが大切です。

無視をするようになる
反抗期の子どもは、心の成長に伴って、親の言うことや考え方などについて疑問を感じ、否定や反発をするようになります。そのため、親の存在を疎ましく感じ、親に何か言われても、敢えて無視をするようなことも増えがちです。

反抗期における接し方のポイント

女の子の反抗期は難しい?思春期に起こる行動の特徴と接し方のポイント


反抗期の子どもに、親はどのような態度で接するのが適切なのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.