くらし情報『小学生の子供が反抗期を迎えたら?親が気を付ける3つのポイント』

2021年3月10日 14:33

小学生の子供が反抗期を迎えたら?親が気を付ける3つのポイント

自分の子供が反抗期になった、と感じたら、親としてはどういった点に気を付けて子供と接するのが良いでしょうか。3つのポイントを取り上げ、それぞれ詳細に解説をいたします。

小学生の反抗期の特徴

目次

・小学生の反抗期の特徴
・反抗期における親の接し方で気を付けること
・大きな心で向き合ってみよう
小学生の子供が反抗期を迎えたら?親が気を付ける3つのポイント


小学校の高学年は、思春期に差し掛る、いわば玄関ともいえる複雑な年代でもあります。子供によっては、すでに反抗期が来ていることも少なくありません。小学生における反抗期には、どのような特徴があるのでしょうか。

乱暴な言葉で口答えしてくる
反抗期を迎えた子供は、自我が芽生え、少しても大人になりたい、親から自立したいと思うようになります。また、急激な心や身体の変化に対して、もどかしくなり、イライラを感じることも少なくありません。

特に男の子は、まだ小学生で自分の感情をうまく表現することができないために、言葉遣いが乱暴になって、親に口答えをするようなケースも見受けられます。

物を投げたり壊したりする
反抗期は、成長ホルモンのバランスが不安定になりますので、理由もなくイライラしてしまうことが多くなりがちです。自分でもどうすれば良いか分からず、鬱屈した気持ちを発散するために、物に当たる子供もいます。

反抗期における親の接し方で気を付けること

小学生の子供が反抗期を迎えたら?親が気を付ける3つのポイント


反抗期を迎えた子供と接する親は、どういったことに気を付けるべきでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.