くらし情報『思春期の子育ては大変!ノイローゼにならないために気を付けること』

2021年3月11日 09:00

思春期の子育ては大変!ノイローゼにならないために気を付けること

詳しくご説明します。

友達との関係が難しくなる
思春期になると、一緒に楽しく遊んでいた友達との関係も複雑になってきます。親には言えない悩みを相談しあうことや、信頼関係を深めることができるのもこの頃です。また、友達に裏切られるなど、人間関係の悩みを持つようにもなります。

身体的な点で大きな変化が出てくる
子どもによって多少の差はありますが、中学2年生ごろから第二次性徴が始まります。成長ホルモンと性ホルモンの分泌が活発になることで、大人の身体に変化するのが特徴です。

思春期の子育てでノイローゼにならないためには

思春期の子育ては大変!ノイローゼにならないために気を付けること


思春期を迎えた子どもと向き合う親は、どういった点に気を付けて接することが望ましいのでしょうか。以下でポイントを挙げ、それぞれについて説明します。

子供の意見を曲げようとしない
思春期になると、それまで親の言うことを素直に聞いていた子どもも、自分の意見を主張してくるようになってきます。親から見るとまだまだ子どもとしか思えないものですが、子どもの意見は否定せず、きちんと聞くようにしましょう。

子どもが意見をしてくる、ということは成長のしるしですので、親は受け止めることが必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.