くらし情報『しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう』

2021年3月6日 09:00

しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう

しつけができていない子供の後ろには、しつけできない親が潜んでいます。しつけできない親には、どんな特徴があるのか紹介しますので、ご自身の子育ても見直してみてください。

しつけできない親=しつけを理解してない親

目次

・しつけできない親=しつけを理解してない親
・しつけできない親に見られる5つの特徴
・しつけできない親にならないようにしよう
しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう


しつけとは、子供に良いことと悪いことの違いを教えることで、常に一定の基準を持って善悪の基準を伝えていきます。

しかし、しつけを理解していない親も少なくありません。とにかく叱ることがしつけだと勘違いしている親は、自分の気分で子供に怒鳴ったり、「気に入らないから」という漠然とした理由で子供にきつい言葉を投げかけたりします。

また、ほめることだけがしつけだと勘違いしている親もいます。子供をほめて育てること自体は間違ってはいませんが、悪いことをしても注意をしないのは正しいしつけとは言えないでしょう。

しつけできない親に見られる5つの特徴

しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう


しつけできない親とは、具体的にはどのような親なのでしょうか。しつけできない親に見られる5つの特徴について見ていきましょう。

1.愛情に基づいてしつけをしていない
子供をしつけるのは、子供に対して「より良い人間になって欲しい」「皆に愛される人間に成長して欲しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.