くらし情報『好き嫌いが多いのはいけないこと?食べ物をおいしく食べるコツも紹介』

2021年3月7日 09:00

好き嫌いが多いのはいけないこと?食べ物をおいしく食べるコツも紹介

食べ物の好き嫌いが多いのは、あまり好ましいとは考えられていません。しかし、本当に好き嫌いが多いのはいけないことなのでしょうか。また、苦手意識のある食べ物をおいしく食べるコツについても紹介します。

好き嫌いが多い食べ物に見られる3つの傾向

目次

・好き嫌いが多い食べ物に見られる3つの傾向
・食べ物に好き嫌いがある理由とデメリット
・なぜ嫌いかを探り、苦手にアプローチしよう
好き嫌いが多いのはいけないこと?食べ物をおいしく食べるコツも紹介


好き嫌いが多い食べ物は、個人差はありますが、次の3つの傾向が見られることが多いです。

・香りが強いもの(パクチー、ミョウガ、セロリなど)
・食感に特徴があるもの(レバー、こんにゃく、キノコ類など)
・野菜(トマト、ピーマン、ホウレンソウなど)

好き嫌いを克服できない大人も多い
香りが強いものと食感に特徴があるもの、そして野菜は、子供だけでなく大人も苦手なことが多い食べ物です。つまり、嫌いな食べ物を克服しないまま大人になることも珍しくないと言えるでしょう。

食べ物に好き嫌いがある理由とデメリット

好き嫌いが多いのはいけないこと?食べ物をおいしく食べるコツも紹介


大人であっても食べ物の好き嫌いがあるのは一般的なことです。なぜ人間には食べ物の好き嫌いがあるのでしょうか。また、食べ物の好き嫌いを克服しないとどんなデメリットがあるのかについても見ていきましょう。

幼いときは「苦味」が原因の好き嫌い
乳幼児は「苦味」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.