くらし情報『子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介』

2021年3月7日 16:48

子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介

子供の好き嫌いが多いときは、どう対応すれば良いでしょうか。子供が食事を楽しむためにも、好き嫌いが多すぎるときは克服していきたいものです。具体的なアイデアを3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

子供の好き嫌いはいつから始まる?対応は?

目次

・子供の好き嫌いはいつから始まる?対応は?
・子供の好き嫌いを減らす3つのアイデア
・食事を楽しむことと感謝することを伝えよう
子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介


離乳食をなかなか食べないというお子さんも少なくありません。子供の好き嫌いはいつから始まるのでしょうか。また、子供に好き嫌いが見られたときの対応法についても見ていきましょう。

3歳ごろになると好みが出てくる
0~2歳の子供は苦いものを危険だと認識し、本能的に拒絶することがあります。しかし徐々に苦味の中に酸味や辛味、塩辛さなどの味覚を複雑に感じるようになり、食べられるものも増えていくでしょう。

3歳ごろになると味覚の好みが出て、個人の感覚で好き嫌いをするようになります。

まずは少し放置して原因を探ろう
好き嫌いをするときは、頭ごなしに「おいしいよ」と押し付けるのではなく、なぜ嫌いなのか子供の様子から探ってみましょう。もしかしたら形やにおい、食感が苦手なのかもしれません。子供が好き嫌いをする理由が分かると、それに対処する方法も見えてきます。

子供の好き嫌いを減らす3つのアイデア

子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介


食べ物の好き嫌いが多いと、食事をすることが苦痛になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.