くらし情報『第37回 駐妻とは ①大忙しと涙の駐在準備』

2021年3月9日 10:36

第37回 駐妻とは ①大忙しと涙の駐在準備

と感じました。知っているからこそ、中国駐在にはネガティブな私でした。

駐在3~6カ月前に内示が出て、VISA申請、引っ越し手続き、予防接種、子どもの教育、と怒涛の日々が始まります。受けるべき予防接種が多い国がほとんどなので、まずは予防接種の嵐。当時3歳の娘は注射ウェルカムな子だったので苦労しませんでしたが、大変なご家庭もあるでしょう。

第37回 駐妻とは ①大忙しと涙の駐在準備

近くの広場。こんな大都会に住むことになるとは……。

国際引っ越しは制限が多い

しばらくして、日通さんが引っ越しの下見にきてくれました。

「倉庫に入れるもの、中国に船便で送るもの、航空便で送るもの、実家に置いとくもの、手持ちで持っていくもの、捨てるもの、に分けてください。特に、航空便や船便は規制が厳しいので、間違えると没収されます。このガイドブックをよく読んでください、一緒に私達が荷造りします」

と言われて、まず混乱。中国あて荷物は特に厳しい規制があるのです。

例えば、

・肉・魚介エキスがだめなので、醤油せんべいは不可。
・千葉県の醤油は、放射能の件で中国へ持ち込み不可。東日本産への産地規制。(2018年当時)。
・洗濯機と冷蔵庫は倉庫に入れられないので、破棄(うちの会社の場合)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.