くらし情報『バレンタインが終わって思うこと【親子ではじめるエシカル暮らし・26】』

2021年2月26日 11:00

バレンタインが終わって思うこと【親子ではじめるエシカル暮らし・26】

2月の一大イベントが終わり、ほっと胸なで下ろす今日このごろ。

なにって、バレンタインデーです。

娘10歳。好きな男子はまだいない様子。ですが、最近のバレンタインデーは友達同士でチョコを交換しあうのが定番(?)なのですね…。もともとお菓子作り大好きな彼女なのでチョコをあげたい友だち、先生がたくさんたくさん…。

「今年はチョコ!って感じのチョコにする」と本人。溶かして固めるチョコだったら手助けすることもないかしらね〜と思っていたのですが。

目次

・特別感のあるラッピングを、自分たちで作るには
・チョコレート選びにも、エシカルな視点を


バレンタインが終わって思うこと【親子ではじめるエシカル暮らし・26】


「ラッピングも可愛くしたい」と娘。お菓子と同じくらい、ラッピングにこだわりたい10歳女子…。イメージしているのはきっと、かわいい絵が描かれていたり、カラフルな色をしたラッピング用品なんだろうな〜と話しを聞いて感じたし、それらは買おうと思えばとっても安く簡単に手に入る。けど、しかし。

中村家環境サミットで立てた今年の子どもたちの目標「欲しいものは自分で作れないか考える」を思い出し「買わずに家にあるものでラッピングを考えようよ」と提案してみました。プラスチックゴミはできるかぎり減らしたいというのもあり、手軽に購入できるラッピング用品の多くはプラスチック製であることも再度確認。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.