くらし情報『妊娠中は生卵を食べてはいけないの?妊婦が卵を除去すれば赤ちゃんのアレルギー発症リスクは抑えられるのか?』

2021年3月4日 08:34

妊娠中は生卵を食べてはいけないの?妊婦が卵を除去すれば赤ちゃんのアレルギー発症リスクは抑えられるのか?

目次

・妊婦が生卵を食べてはいけない理由
・妊娠中の卵摂取と胎児のアレルギーの関係性
・まとめ
妊娠中は生卵を食べてはいけないの?妊婦が卵を除去すれば赤ちゃんのアレルギー発症リスクは抑えられるのか?


妊娠中に生卵を食べてはいけない、ということを聞いたことはありますか。

日本人にとって卵かけごはんや釜玉うどん、すき焼きの生卵はなくてはならないメニューで、妊娠中に生卵を食べられないなんてショックですよね。

では、なぜ妊娠中に生卵を食べてはいけないのか、また妊婦さんが生卵に限らず卵製品を制限することで、赤ちゃんのアレルギー発症リスクを抑えられるというウワサは本当なのか、最新の研究結果をお伝えします。

妊婦が生卵を食べてはいけない理由

妊娠中は生卵を食べてはいけないの?妊婦が卵を除去すれば赤ちゃんのアレルギー発症リスクは抑えられるのか?


鶏卵は、食中毒の原因菌であるサルモネラ菌に汚染されている可能性があります。サルモネラによる食中毒にかかると、腹痛、下痢、発熱、嘔吐などの症状のほか、重症化すると意識障害やけいれん、脱水症状が現れます。

汚染経路としては、卵殻表面に鶏由来の糞が付着しており、その中にサルモネラ菌が存在する場合の「on egg汚染」と、そもそもサルモネラ菌に感染している鶏が卵を産む過程で卵内部に取り込まれる場合の「in egg汚染」の2通りあります。

卵の流通過程で卵殻の洗浄・殺菌がきちんと行われていれば、「on egg汚染」の確立は極めて低いですが、小規模事業者や自動販売機などで販売されている卵で十分な洗浄・殺菌がされていない場合は、汚れが殻の表面に残っている可能性があるので注意が必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.