くらし情報『すぐ手を出す子供の気持ちがわからない』

2021年3月12日 10:51

すぐ手を出す子供の気持ちがわからない

先日Instagramで、奏ちゃんがすぐに蹴ったり叩いたり物を投げて困っているという話をチラッと書いたところ、「うちも同じで困っている!」というメッセージをたくさん頂きました。

本当に、悩みますよね。友達に嫌な思いや怪我だけはさせて欲しくない、そういつも願っています。

今回はなんで叩いてしまうのか、考えていることを書こうかと思います。

すぐ手を出す子供の気持ちがわからない


まず奏ちゃんの場合、コットに寝ていた0歳の時から、お医者さんに「奏ちゃんは癇癪もち」と言われるくらい、お腹が空いていたり、なにか気にいらないと大泣きで足をばたつかせてコットを蹴っていました。なので、癇癪はある程度覚悟ができていました。その後も、言葉が出る前は、嫌なことがあると頭を何度も壁や床に打ち付けたり、物を投げて怒りをアピールしていました。

蹴られたりぶたれたら悲しい気持ちだと伝えるとか、ぎゅっと抱きしめて上げて心を落ち着かせるとか、鬼の電話に電話するとか、いろんな方法を勧められますが、実行しているんです。それでもその時は謝ったり落ち着いたりしても、また繰り返します。

言葉が出て来て気持ちを伝えられるようになってから、癇癪が少し減ったのも事実です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.