くらし情報『子供同士の喧嘩は基本的に見守ろう!場合によっては親の介入も必要?』

2021年3月26日 13:46

子供同士の喧嘩は基本的に見守ろう!場合によっては親の介入も必要?

子どもたちがいつも仲良く遊んでいたはずなのに、喧嘩が発展し、トラブルになってしまうこともあります。きっかけは些細なことである場合も多いのですが、そんな時、親はどのように対応したらよいのでしょうか?

子供同士の喧嘩が生じるきっかけってなに?

目次

・子供同士の喧嘩が生じるきっかけってなに?
・子供同士の喧嘩で親は介入すべき?
・怪我を生じた場合の対応
・子供同士の喧嘩は見守ることが重要
子供同士の喧嘩は基本的に見守ろう!場合によっては親の介入も必要?


子供は、まだ自分の気持ちしか認識しづらく、相手の気持ちを認めたり理解したりするのが難しい状態です。そのため、喧嘩が起こることも。子ども同士の喧嘩はどのようなきっかけで起こるのでしょうか。

気持ちのぶつかり合いが生じる
譲れない自分の気持ちや願望がぶつかった時、トラブルに発展します。また、自分はこうしたいのに相手がそれをしたくない場合、ぶつかり合いが生じがちです。無理やり、相手を自分の思い通りにコントロールしようと思うことで、喧嘩になることもあります。

自分と他人の気持ちを分けられない
幼少期の子供は、自分の気持ちと他人の気持ちとは違うということをなかなか理解することができません。その結果、自分の思い通りにしたい気持ちが過度な自己主張になり、喧嘩が起こります。自分と相手の気持ちを分けることが難しいので、相手の思いをくみ取ることや、くみ取る必要性も理解しにくいのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.