くらし情報『成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説』

2021年4月7日 10:37

成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説

子どもが成長期に突入すると、分かりやすく体に現れます。ただ体の変化が終わりを迎えるサインが分からないと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、成長期の終わりのサインはあるのかについて解説します。

成長期の始まりに現れる体の変化

目次

・成長期の始まりに現れる体の変化
・成長期の終わりのサインはある?
・通常より早く迎えた場合は要注意!
・成長期の終わりは子どもによってそれぞれ!
成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説


そもそも子どもの成長期が始まったとき、どのような変化が現れるのでしょうか。成長期の始まりに現れる体の変化を見ていきましょう。

女子の体の変化
女の子は10歳頃に成長期に入ります。体の変化は乳房が徐々に膨らみ始め、その後隠毛が発達したり月経を迎えたりするのが一般的な流れです。乳房は左右片方ずつ発達が始まることもあります。

男子の体の変化
男の子は、12歳頃に成長期に入るのが特徴。成長期に突入した症状としては、精巣が急激に大きくなることがあります。また陰茎増大や陰毛発生と進み、その後声変わりが起こり始めるのです。

成長期の終わりのサインはある?

成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説


成長期が終わりを迎えるサインは、男は声変わり、女の子は初潮を迎えたときです。子どもの中には成長期に入るのが遅い子もいるので、明確に年齢で判断することはできません。

男の子の声変わりは、今までの声と大きく変わるため判断がつきやすいででしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.