くらし情報『成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説』

2021年4月7日 10:37

成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説

男の子の場合は、一般的に10歳頃に精巣が大きくなり始めます。ただし、思春期早発症の場合は10歳よりも早く変化が出始めます。また精巣が大きくなるだけでなく、隠毛やヒゲ、声変わりが起こり始めまることがあります。

成長期の終わりは子どもによってそれぞれ!

成長期の終わりのサインは?体の変化や思春期早発症について解説


成長期に突入する時期と同じく、終わりを迎えるのも子どもによって大きく変わります。なかには早い段階で成長期に入る子もいます。

ただし、思春期早発症の場合は要注意。身長の伸びが止まってしまうこともあるので早めの受診が望ましいです。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.