くらし情報『ワクチンと予防接種の違いは?正しく理解して自分を守ろう』

2021年3月29日 15:00

ワクチンと予防接種の違いは?正しく理解して自分を守ろう

病気から私たちの体を守ってくれるワクチン。毎年、家族でインフルエンザの予防接種を受けている方も多いのではないでしょうか?ここでは、ワクチンと予防接種の違いや、ワクチンの種類について紹介します。

ワクチンと予防接種の違いは?

目次

・ワクチンと予防接種の違いは?
・ワクチンの効果とは?
・ワクチン後の注意点
・予防接種は2種類に分かれる
・ワクチンは人を守る力になる
ワクチンと予防接種の違いは?正しく理解して自分を守ろう


よく耳にするワクチンと予防接種ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

ワクチンとは何か?
ワクチンは、ウイルスなどを加工することで毒性を弱くしたものです。また、予防接種とは、先に述べたワクチンを接種することで、免疫をつくり病気から身を守ることです。予防接種は、ほかにワクチン接種と呼ばれることもあります。

ワクチンの投与方法
ワクチン接種と聞くと、注射を想像される方も多いと思いますが、注射での投与以外にも、経皮接種や経口接種もあります。ポリオも経口投与の一つです。ワクチンにはさまざまなものがあり、おたふく風邪ワクチン、インフルエンザワクチン、日本脳炎ワクチンなどがあります。

ワクチンの効果とは?

ワクチンと予防接種の違いは?正しく理解して自分を守ろう


ワクチンを受けることで、抵抗力をつけることができます。わずかな病原体を体内に入れることで、免疫ができることが特徴です。これによって、特定の病気にかかりにくい体になるのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.