くらし情報『献立? 偏食? どうしよう!幼児食、多彩に進化中【気になる!教育ニュース】』

2021年3月31日 12:27

献立? 偏食? どうしよう!幼児食、多彩に進化中【気になる!教育ニュース】

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第43回献立? 偏食? どうしよう! 幼児食、多彩に進化中

新型コロナで増えた、食事作りの負担

高校性と中学生の2人の息子は食べ盛り。いかにお腹を満たすか、ということが唯一にして最大の悩み、とも言えますが、幼かった頃は、息子たちの食に対する悩みは今より様々でした。食べるのに時間がかかる、食べる量が少ない、お菓子ばかり食べる、等々。

背景として考えられるのは、新型コロナの流行。テレワークの普及で親の在宅時間が増えたり、緊急事態宣言によって子どもの幼稚園が休園となったり。親が料理する機会がグンと増えたことが要因ではないか、と見られています。

冷凍食品、上手に使って負担軽減

また、幼児食の通販も魅力的です。

十分に考えられた味付けや栄養バランスはもちろん、プロのシェフが丁寧に手作りする味も自慢。豚肉のハンバーグにはおからパウダーやひじきを混ぜ込み、付け合わせに星型や動物型の人参まで入っています。お値段も200~300円台がほとんど。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.