くらし情報『1歳の足のサイズの特徴を知ってる?必要な道具と正しい測り方』

2021年4月14日 14:36

1歳の足のサイズの特徴を知ってる?必要な道具と正しい測り方

1歳になると歩き始める子もいるので、靴を購入するために足のサイズを知りたい人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1歳の赤ちゃんの足の特徴や正しい測り方を紹介します。自宅でも簡単に測れるので、実践してみましょう。

1歳の赤ちゃんの足の特徴とは

目次

・1歳の赤ちゃんの足の特徴とは
・1歳児の足のサイズの平均と測り方
・足のサイズを測って適した靴を履こう!
1歳の足のサイズの特徴を知ってる?必要な道具と正しい測り方


まずは、1歳頃の足の特徴を紹介します。赤ちゃんの足の特徴をしっかり理解することで、靴を選ぶときにも役立つでしょう。

足の成長速度が早い
赤ちゃんは、親が思う以上に足の成長速度が早いです。その時に合う靴を購入してもすぐに履けなくなるので、あらかじめ大きいサイズを購入する人も多いでしょう。ただ、サイズが合っていない靴を履くと骨が変形するなど、赤ちゃんの足に悪影響を及ぼすこともあります。

足のサイズには個人差がある
人それぞれ身長が異なるように、足のサイズや足幅なども赤ちゃんによって個人差があります。たとえ同じ年齢でも足のサイズが異なることがあるのです。そのため、その子に合った靴を選ぶことが重要です。

成長に合わせた靴選びは重要
男の子は14歳まで女の子は12歳まで、足のサイズは毎年1cm成長するといわれています。これはあくまで目安なので、これよりも早いスピードで成長することも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.