くらし情報『2歳の子供が言うことを聞かない場合にやってはいけない3つのこと!』

2021年4月18日 09:00

2歳の子供が言うことを聞かない場合にやってはいけない3つのこと!

子供が言うことを聞かず、親が悩んでしまうのはどこの家庭でも見られることです。特に俗に言うイヤイヤ期の2歳の子供が言うことを聞かないことに、悩んでいる親は多いのではないでしょうか?

しかし2歳の子供が言うことを聞かないのは、子供が成長していく為にはなくてはならない成長段階なのです。そこで本記事では2歳の子供が言うことを聞かない理由ややってはいけないこと、対処法などについて紹介します。

2歳の子供が言うことを聞かない理由

目次

・2歳の子供が言うことを聞かない理由
・言うことを聞かない際にやってはいけないこと
・2歳の子供が言うことを聞かない場合の対処法
・子供の気持ちに寄り添うことが重要
2歳の子供が言うことを聞かない場合にやってはいけない3つのこと!


2歳の子供が言うことを聞かない理由は「自己評価」と「自己肯定感」を養う為です。1〜2歳の子供は自分の人格を認めて欲しいと言う欲求を持っています。

いわゆるイヤイヤ期であり「イヤ」と言う否定の言葉を使うことで自己表現するのです。2〜3歳の子供は自立心が高まります。意志がはっきりするこの頃は、親からすると手がかかる状態でもあるでしょう。

親以外の兄弟や友達にも自己主張を表現していき、その過程で言っていいこととダメなことの判断がつく様になるのです。子供の自己表現を認めてあげることで「自己評価」と「自己肯定感」は高まります。

言うことを聞かない際にやってはいけないこと

2歳の子供が言うことを聞かない場合にやってはいけない3つのこと!


親も1人の人間であり、子供が言う事を聞かないとストレスが溜まることもあるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.