くらし情報『新学期も除菌習慣を忘れずに 除菌剤を使い分けてウイルスをシャットアウト』

2021年4月23日 10:32

新学期も除菌習慣を忘れずに 除菌剤を使い分けてウイルスをシャットアウト

新年度がスタート。心新たにという気持ちと同時に、子どもたちには健全な園生活が送れることを願うばかり。人の動きが増える時期だけに、家庭でのウイルス対策にも気を引き締めたいところです。この先も対策に絶対に欠かせない、家庭での「除菌」にフォーカスしてみました。

目次

・スプレー、ジェル、シートの除菌剤を場所によって使い分けよう
・用途に合わせて、除菌成分を選ぼう
・次亜塩素酸ナトリウムは、感染力が強い感染症に対応
・やさしく除菌したいときは、天然由来や水の中に溶け込んだイオン水溶液を
・除菌剤の性格を知って、使い分けながら除菌習慣をスタンダードな習慣に


新学期も除菌習慣を忘れずに 除菌剤を使い分けてウイルスをシャットアウト


スプレー、ジェル、シートの除菌剤を場所によって使い分けよう

新学期も除菌習慣を忘れずに 除菌剤を使い分けてウイルスをシャットアウト


除菌生活が日々の習慣となり「もうこれ以上やるべきことはない」というくらい徹底しているママたちも多いと思います。そこで次のステップは「毎日使うもの」に対して、より安全に効果的に除菌剤を使い分けること。

まず、数ある除菌剤の中でも、種類で抜きんでているのが「スプレータイプ」。噴射することで手指や衣類、家具など表面についた菌を減らすことができるので、手軽に使えるのがメリットです。

新学期も除菌習慣を忘れずに 除菌剤を使い分けてウイルスをシャットアウト


菌を室内に持ち込まないために、水際対策として玄関に設置して、手指・衣類除菌する方法は、各方面でも推奨されています。

ですが、設置場所には気をつけたいことも。噴射した霧は勢いがあるため、子どもの目を直撃しないよう、目線の高さには置かないこと。また、食べ物を並べた食卓などで手指を消毒する場合は、噴霧を広げるスプレーよりも「ジェルタイプ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.