くらし情報『自由なドイツ子育て。』

2021年4月10日 10:07

自由なドイツ子育て。

いよいよ新学期が始まりました。ドイツではまだ学年途中なのですが、春休みがあけたら息子は日本語補習校では2年生に進級します。

ドイツに住んで子供が学校に通うようになって、日本と様々な違いがあるのに気がつきます。まず授業の始まりの礼も終わりの礼もありません。掃除当番もないし給食当番もない。姿勢を正して!という号令もありません。体育の時に整列など全くなし。幼稚園であっても保育園であっても並んでいることはありません。ランドセルもなんでもいいし、体操着なんて存在しない。新学期名物、名前書きの指示もでません。気楽なもんです。入学式だって普通服で問題ないし。なーんにもない。髪型も服装も自由。どこでも自由。

幼稚園の遠足の時も、みんなで電車に乗る際に「え?コレでいいの?」ってくらい、バラバラにおちびちゃんたちが電車に乗っていましたっけ。小学生にいたっては、ちょっと大きめの家族旅行?くらいのラフさ。グループになって手を繋がせてるなんてしないし、誰かはぐれちゃったりしないのかなぁ?と見てるこちらがハラハラしたのですが、全く問題なし。車両を移動しても、ちゃんとついてきてる。自由にしているのに迷子にならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.