くらし情報『妊婦は注意! 普段食べているあの食品にも「ヒ素」が含まれている!? ヒ素の摂取を減らすために家庭でできる工夫』

2021年4月15日 10:20

妊婦は注意! 普段食べているあの食品にも「ヒ素」が含まれている!? ヒ素の摂取を減らすために家庭でできる工夫

「ヒ素」というと体に有害な毒物というイメージがあると思いますが、実は普段私たちが食べている食品にも含まれているというと、驚きですよね。

特に妊婦さんがヒ素を摂取すると、胎盤を通過して胎児に移行してしまうと言われているため注意が必要です。

それではどんな食品にヒ素が多く含まれているのか、そして食品中のヒ素を低減させるために家庭でできる工夫についてもお伝えします。

ヒ素の有害性

目次

・ヒ素の有害性
・ヒ素が多く含まれる食品
・無機ヒ素の上限値
・家庭でできるヒ素を減らす工夫
・まとめ
妊婦は注意! 普段食べているあの食品にも「ヒ素」が含まれている!? ヒ素の摂取を減らすために家庭でできる工夫


ヒ素は地球上に広く分布する元素で、土壌や水中などの自然環境に広く存在しています。そのため、海産物をはじめ様々な食品や飲料水に微量のヒ素が含まれています。また、ヒ素は農薬や殺鼠剤としても広く使用されおり、人が多量に摂取すると健康被害を及ぼします。

ヒ素のうち、炭素を含む化合物を「有機ヒ素」、炭素を含まない化合物を「無機ヒ素」と言いますが、人体にとって毒性が高いと言われているのが「無機ヒ素」です。

英国食品規格庁(FSA)は、無機ヒ素には発がん性のリスクがあるため、無機ヒ素を多く含むひじきを食べないようにと英国民に対して勧告しました。

この勧告に対し厚生労働省は、日本人のひじきの摂取量は世界保健機関(WHO)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.