くらし情報『単身赴任の生活費はいくら渡すべき?二重生活で生活費を抑えるコツ』

2021年4月19日 14:41

単身赴任の生活費はいくら渡すべき?二重生活で生活費を抑えるコツ

夫が単身赴任をする場合、赴任先で独り暮らしをすることになります。その際、生活費をどれくらい渡せばいいか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、単身赴任における生活費の相場や生活費を抑えるコツを紹介します。

単身赴任の生活費の相場と内訳

目次

・単身赴任の生活費の相場と内訳
・夫に勧めたい!生活費を抑えるコツ
・やり方次第で生活費は抑えられる!
単身赴任の生活費はいくら渡すべき?二重生活で生活費を抑えるコツ


それでは、まず単身赴任の生活費用の相場から見ていきましょう。生活費における内訳も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

生活費は12万〜14万円ほど
単身赴任でかかる生活費の目安は、月額で12万円〜14万円ほどです。単身赴任先にもよりますが、14万円までに生活費を抑えられれば平均の相場であると考えてよいでしょう。

生活費における内訳
次に、生活費の内訳を見ていきましょう.

・家賃(住む場所で異なる)
・食費(4万円程度)
・水道光熱費(1万円程度)
・携帯代(1万5,000円程度)

内訳に含まれていない交通費については、一般的に会社が負担してくれることが多いようです。

その一方で、食費は高くなる傾向があります。また、単身赴任先が地方なのか都心なのかでも家賃の費用は大きく異なるので注意しましょう。

夫に勧めたい!生活費を抑えるコツ

単身赴任の生活費はいくら渡すべき?二重生活で生活費を抑えるコツ


夫の単身赴任が決まったら、別々に生活するのでその分生活費用も増えてしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.