くらし情報『なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介』

2021年4月29日 15:00

なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介

妊娠初期は、体にさまざまな変化が起こります。多くの妊婦さんを悩ます体の変化のひとつに、腰痛が挙げられるでしょう。

そこで今回は、妊娠初期に起こる腰痛を改善する方法を紹介します。簡単に実践できるものばかりなので、腰痛に悩む妊婦さんはぜひ取り入れてみましょう。

妊娠初期に腰痛が起こる原因

目次

・妊娠初期に腰痛が起こる原因
・腰痛はどんな痛み?いつから起こる?
・ひどい腰痛を改善する方法
・腰痛がつらいときは無理ぜず体を休めよう!
なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介


お腹が大きくなる前の妊娠初期に腰痛が起こるのは、腰回りの関節や筋肉、靭帯を緩めて出産に向けて体が準備を始めるからです。

また、この時期から「リラキシン」と呼ばれるホルモンが多く分泌されます。リラキシンは腰回りの組織を緩める役割がある一方で、骨盤内に血液をためる作用があります。その結果、うっ血してしまい「腰が重い」と感じることがあるのです。

腰痛はどんな痛み?いつから起こる?

なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介


個人差がありますが、早い人であれば妊娠3週頃から妊娠初期症状が現れることがあります。妊娠初期の腰痛は、腰が重いようなだるい痛みを感じることが多いです。

痛みを感じるのは、腰全体だったり片側だけだったりさまざま。腰に痛みを感じたら、まずは安静にして腰に負担がかかる動作は控えるようにしましょう。

ひどい腰痛を改善する方法

なぜ妊娠初期に腰痛が起こるの?原因や症状を改善する方法を紹介


妊娠初期に起こる腰痛の症状には、個人差があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.