くらし情報『第40回 中国でのコロナワクチン接種は?』

2021年5月10日 10:00

第40回 中国でのコロナワクチン接種は?

2018年より中国・広州に滞在中の6歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続(現在、コロナによる退避のため、一時帰国中)。

新規感染者がほとんどいなくても、ワクチン接種は進む

中国でのコロナ新規感染者数は、ほぼゼロ推移が続いています(2021年5月1日現在)。今度こそ本当にコロナを制圧?そうはいっても、ワクチン接種も進んでいます。中国大手メディアによると、政府は6月までに国民の4割の接種を終えると発表しました。

広州でも、外国人向けワクチン予約を開始

他都市同様、広州でも4月12日から外国人向けにワクチン接種予約が始まりました。日本では自治体からの連絡待ちでなかなか進みませんが、中国では希望者本人が、日時と病院を選んでウェブ予約するという仕組みです。急なキャンセルも、スマホからでOK。

QRコードのようなものを読み取り、専用サイトにアクセス、本人情報を登録(氏名と携帯電話番号、パスポート番号など)します。私も途中まで試してみましたが、分かりやすい上に、英語対応もしています。IT活用と対応の早さはさすがです。

目次


・新規感染者がほとんどいなくても、ワクチン接種は進む
・広州でも、外国人向けワクチン予約を開始
・中国製ワクチンをめぐる駆け引き


第40回 中国でのコロナワクチン接種は?

広州市の医療サービス予約サイト。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.