くらし情報『その校則、本当に必要ですか? 見直し進む「ブラック校則」【気になる!教育ニュース】』

2021年5月21日 10:08

その校則、本当に必要ですか? 見直し進む「ブラック校則」【気になる!教育ニュース】

大学入試改革、プログラミング、英語教育……。教育の世界がなにやら騒がしい。このコーナーでは、最近気になった教育関連のニュースをピックアップして紹介します!

第46回その校則、本当に必要ですか? 見直し進む「ブラック校則」

校則が原因で不登校に
最近、よく耳にするなと感じる言葉の一つが「ブラック校則」。

正確な定義はないようですが、要は不合理な校則のこと。

思い返すと、1980年代の私の中学時代は、今より校則が厳しかったように思います。靴下、靴、髪ゴム、全て色が指定。スカートの長さも決まっていたし、どんなに寒い日でもストッキングやタイツは禁止。天然パーマの友達が髪を切るよう強要されたことも。学校が荒れていた時代。当時、校則は生徒を抑え込む道具で、窮屈ではあっても「そういうもの、仕方ない」と捉えていたような気がします。

次々明るみに出る「ブラック校則」
いくつか具体例を見てみましょう。

確かに、どの校則にも合理性を見出すことは難しく「そもそも校則って何のためにあるのだろう?」と考えてしまいました。

みんなの校則、みんなで決めよう
「校則のない学校」、として有名な東京都世田谷区立桜丘中学校。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.