くらし情報『コロナ緊急事態宣言中の小学校行事はどうなる?【コロナで変わる小学校行事】』

2021年5月12日 10:47

コロナ緊急事態宣言中の小学校行事はどうなる?【コロナで変わる小学校行事】

今年の小学校の行事はどうなるの? 新型コロナウイルスの変異ウイルスによる新規感染者数の増加により、5月末までの緊急事態宣言延長が発表されました。これから予定されている小学校の行事は、コロナによってどう変わるのでしょうか。今回は、コロナで変わる学校行事についてご紹介します。

コロナ緊急事態宣言中の小学校の行事について

目次

・コロナ緊急事態宣言中の小学校の行事について
・コロナ感染リスクの高い小学校行事
・コロナの小学校の行事はどうやって決まる?
・コロナで変わる小学校行事
・コロナでも開催される小学校行事を喜ぼう
コロナ緊急事態宣言中の小学校行事はどうなる?【コロナで変わる小学校行事】


小学校の行事には、運動会、遠足、学芸会、音楽会、展覧会、移動教室、体験学習、学習発表会、保護者会、学校公開など、1年間を通して多種多様な行事が予定されています。

しかし、国の教育活動指針によると、コロナの緊急事態宣言中は「感染症対策を講じてもなお感染リスクの高い学習活動は一時的に停止すること」とされています。では、このコロナの感染症対策を講じても、感染リスクが高い小学校の活動にはどのようなものがあるのでしょうか。

コロナ感染リスクの高い小学校行事

コロナ緊急事態宣言中の小学校行事はどうなる?【コロナで変わる小学校行事】


国が示す各教科における「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」には、以下のような活動が挙げられています。

・各教科等に共通する活動として「児童生徒が長時間、近距離で対面形式となるグループワーク等」及び「近距離で一斉に大きな声で話す活動」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.