くらし情報『見守る成長と、猫好きのための猫の絵本』

2021年5月15日 10:26

見守る成長と、猫好きのための猫の絵本

親の役目は、子どもが自分で伸びようとするのを待ち、そして見守る。そんなアドバイスをよく見聞きします。

その通りだ、そうしようと思いつつも、私は未だかつて誇れるほど待てた記憶はありません。やはり我が子ですもの。どうしたって「期待」はしてしまいます。そのこと自体は悪いことではないと思いますが、そのせいでつい先回りして口を出してしまったり、結果を急いでしまったりするのは気をつけないといけないところでしょう。私の場合、息子が自分から「さあ歯磨きをしよう」「さあお風呂に入ろう」「さあ宿題をやろう」と自主的に動き出す前に、つい「やったの?」と聞いてしまいます。少しの間黙って見てればいいものを。案の定、息子の返事は「ちょっと待ってよ!」ですもの。やはり待って欲しいんですよね。

こと、我が家のタンタンに関して言えば、猫だからでしょう、そもそも期待なんてしていません。だから、マイペースだろうが、気まぐれだろうが、先回りはせずしっかり待って暮らせています。そういう意味では私は、猫の「良い親」です。

それで、例えばトイレの後に「にゃー」と初めて訴えてきた時には「まあ!お掃除してって言えるようになったのね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.