くらし情報『母乳信仰に三歳児神話。伝承が多すぎる。』

2021年5月14日 10:10

母乳信仰に三歳児神話。伝承が多すぎる。

子育てでは、偏った考え方になってしまうことが多いなと思います。私が特に気になるのが、母乳信仰と三歳児神話。

そしてそのことについて罪悪感をもってしまったり、追い詰められるお母さん達が少なくないと聞くと、辛くなります。なんでもっとお母さん達に寄り添えないのかと。

まず、母乳信仰「赤ちゃんは母乳で育てなくてはいけない。粉ミルクはダメだ」などの考え方ですが、私の著書「大丈夫。今日も生きている」でもちょくちょく出てきます。お節介な人。

赤ちゃんを抱っこして散歩している最中に、知らないおばさんに「母乳で育てなさいね」と言われたことがありますが、これはお母さんの間のあるあるですね。

赤ちゃんに病気やなんらかの問題があることが明らかなGCU(新生児回復治療室)でも、哺乳瓶でミルクだったか哺乳瓶だけど中身は搾乳した母乳だったか薬だったか何を入れていたかうろ覚えですが、知らないおばさんに「母乳で育てた方がいいわよ」と言われました。母乳をあげれたくてもあげれない人がいる病室なのに。飲みたくても飲めない赤ちゃんがいるのに。驚いて返答できませんでした。

それにあまり知られていませんが、まれに母乳にアレルギーを起こす赤ちゃんもいるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.