くらし情報『妊婦は生卵による食中毒に気をつけよう!3つの防止ポイントも紹介』

2021年6月1日 08:30

妊婦は生卵による食中毒に気をつけよう!3つの防止ポイントも紹介

妊娠中は食生活に注意し、バランスのよい食事を心がける必要があります。しかし妊娠中の食事には注意が必要と理解しながらも、具体的に何を食べてはいけないのかがわからない方も多いでしょう。

特に避けるべき食材は、生卵をはじめとする生の食品です。当記事では、生卵を避けるべき理由と菌による食中毒を防ぐポイントなどを紹介します。

妊婦が生卵を避けるべき理由は食中毒

目次

・妊婦が生卵を避けるべき理由は食中毒
・サルモネラ菌食中毒を防ぐ3つのポイント
・生卵以外にも妊婦が気をつけるべき菌
・妊婦は卵に限らず生食を避けよう
妊婦は生卵による食中毒に気をつけよう!3つの防止ポイントも紹介


妊婦が生卵を避けるべき理由は、妊娠中は食中毒になりやすいからです。妊婦は免疫力が低下しており、体調に変化が起こりやすい状態といえます。

母体の免疫細胞が胎児を攻撃しないため免疫力は下がっており、妊娠前には感染しないような細菌にも感染してしまうのです。生卵には菌が付着している場合があるため、妊娠中の生卵を食べるのは避けるべきとされています。

サルモネラ菌食中毒を防ぐ3つのポイント

妊婦は生卵による食中毒に気をつけよう!3つの防止ポイントも紹介


生卵に付着している細菌は、「サルモネラ菌」といいます。サルモネラ菌は生卵をはじめ、動物の体内や下水などにも生息しているのです。

サルモネラ菌は感染力が強く、感染すると腹痛や発熱などを引き起こすことがあります。そこでサルモネラ菌による食中毒を防ぐ、3つのポイントを確認しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.