くらし情報『産後のホルモンバランスの乱れと心身の症状|不安を解消』

2021年6月2日 14:00

産後のホルモンバランスの乱れと心身の症状|不安を解消

全ての力を出し切った産後、イライラしたり疲労感があったりというのは、ただ体力がなくなったというだけではありません。今回はホルモンバランスの乱れがもたらす産後の症状と、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

産後はホルモンバランスが崩れる?いつから?

目次

・産後はホルモンバランスが崩れる?いつから?
・産後のホルモンバランスなどが影響して出る症状
・産後の乱れたホルモンバランスの整える方法
・産後のホルモンバランスや心身で不安があれば相談を
産後のホルモンバランスの乱れと心身の症状|不安を解消


産後、お母さんの体は元の状態に戻る働きをします。産後約半年程の期間は、そうした産後の不調を引き起こしやすくなっています。これは妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少し、自律神経が乱れ、心身共に不調を引き起こすからです。

子宮が回復するための痛みも
出産直後、広がった子宮は強く収縮して元のサイズへと戻る働きをします。産後2~3日程度は特に子宮が強く収縮するので、重たい生理痛のときのような痛みや、陣痛のような痛みを感じます。通常は、子宮が戻るにつれて次第に痛みも引いてくるので、特に心配は必要ありません。授乳に支障が出るほど痛いという場合は、医師に相談しましょう。

うつやマタニティーブルーも
産後のホルモンバランスが崩れてしまうことによってメンタルが敏感になり、マタニティーブルーや産後うつという症状が出てしまう事もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.