くらし情報『粘土遊びは子どもの脳を育てる!? 2つのポイントと遊び方のコツを教えます!』

2021年6月19日 10:04

粘土遊びは子どもの脳を育てる!? 2つのポイントと遊び方のコツを教えます!

目次

・粘土遊びが子どもに大切な理由
・粘土遊びをすることで期待できる効果
・遊びの中で大人が気をつけていくこと
粘土遊びは子どもの脳を育てる!? 2つのポイントと遊び方のコツを教えます!


皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。コロナ禍で室内で過ごすことが多くなりましたね。「うちでどんな遊びをしたら良いのかわからない……」とお母さんたちから相談を受けることが増えました。

1歳ごろになると少しずつできることが増えてくるので、子どもの能力を育てられる新しい遊びを取り入れたいと考える保護者も多いのではないでしょうか。この時期におすすめの遊びの一つに、粘土遊びがあります。触り心地のよい粘土を使って、親子で一緒に楽しく遊んでみませんか。今回は遊びながら脳も育てられる「粘土遊び」についてお話させていただきます。

粘土遊びが子どもに大切な理由

1歳を迎えた子どもは、経験値の低さや発達段階的に、テーマを決めて作品を作るというのは難しい年齢です。しかし、触ったり、感触を身体全体で楽しんだりすることは必要。そこで、ぴったりなのが粘土遊びなのです。

まずは、子どもが楽しめるように、こねたり、ちぎったり、手のひら全部を使って転がしたりなど、大人が見本を見せて、興味をもたせながら自由に遊ばせてみてください。引っ張ったり、握ると粘土はどうなるでしょうか?大人からしたら当たり前ですが、形は変わりますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.