くらし情報『小学生の「買って買って病」は冷静な対応が大切!5つの対処法を紹介』

2021年6月11日 11:05

小学生の「買って買って病」は冷静な対応が大切!5つの対処法を紹介

「買って買って!」と泣き叫び、買ってもらうまでその場を離れない「買って買って病」。「もう小学生なのに」と悩むママも多いのではないでしょうか。こちらでは、小学生の「買って買って病」への5つの対処法を紹介します。

「買って買って病」小学生の心理状態は?

目次

・「買って買って病」小学生の心理状態は?
・小学生の「買って買って病」5つの対処法
・小学生の「買って買って病」はブレない態度で接しよう
小学生の「買って買って病」は冷静な対応が大切!5つの対処法を紹介


交友関係が広がった小学生によく聞かれるのが、「みんな持ってるから買って!」というおねだりです。

「みんなと同じものが欲しい」という心理は、子どもに数らず大人にもあるといわれています。行列ができているお店に入りたくなったり、話題のドラマは見ないと損な気がしたりといった心理もその現れです。

子どもは、大人ほど自分の欲求を抑えられません。そのため「みんなが持ってるから買って買って!」とせがんでしまいます。

とはいえ、毎回その気持ちを叶えていては子どもの我慢する心が育たなくなってしまうでしょう。そのため、大人はブレずに「買わない」態度で接することが大切です。

小学生の「買って買って病」5つの対処法

小学生の「買って買って病」は冷静な対応が大切!5つの対処法を紹介


子どもの「買って」をすべて受け入れていると、我慢を知らない子どもに育ってしまう場合もあります。小学生の「買って買って病」には、次の対処法を心がけましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.