くらし情報『第41回 中国で子どもが中耳炎に! 初めて子どもと病院へ』

2021年6月2日 10:14

第41回 中国で子どもが中耳炎に! 初めて子どもと病院へ

2018年より中国・広州に滞在中の6歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続(現在、コロナによる退避のため、一時帰国中)。
私が海外暮らしで一番心配なことは、ケガや病気の時どうするの?という問題。特に、小さな子どもがいると不安倍増です。

広州の日本人向け医療のレベルについては、次回第42回記事へ。

「中国の医療は、大丈夫?」
「中国の病院って信用できる? 言葉は通じるの?」と、よく質問されます。

結論からいうと「クリニックで済むレベルなら、私が経験した限りでは中国の方が楽(=安心、ではない)」です。

今回の記事は、駐在員とその家族の話として、私が2020年1月までに経験したことをもとにしています。

渡航1週間後、中耳炎発症で初めての受診
はじめて娘を連れて日本人向けクリニックに行ったのは、娘が3歳の時。

風邪をひくと、よく中耳炎になる子でした。中国に着いて娘にすぐ咳と鼻水の症状が出ました。もしやPM2.5、大気汚染のせい!?と暗い気持ちなりました。

そして数日後、土曜深夜に39℃の発熱。「おみみがいた~い~っ!!」と泣き止みません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.