くらし情報『第41回 中国で子どもが中耳炎に! 初めて子どもと病院へ』

2021年6月2日 10:14

第41回 中国で子どもが中耳炎に! 初めて子どもと病院へ

早速、中耳炎か? これは病院に行くしかありません。

翌朝すぐ、会社が契約中のウェルビーという医療サービスに電話して、クリニックを探してもらいました。もともと自分でもクリニックを探していましたが、日曜に急遽、診察してもらえるところはあるのでしょうか?

日曜昼、クリニックの車が迎えに来た!
「13時なら車をまわせます。耳鼻科の医師も来ます」とウェルビーのオペレーター。

いや、夫もいるし自分達でタクシー呼べますが、無料だというのでこの際、車をお願いします!

13時に日本語の電話がかかってきて、車の種類とナンバープレートを教えてもらいました。時間通りにやってきた黒塗りのカムリには、水やマスクが備え付けられています。予約が空いていれば帰りも送ってもらえるとのこと。

電話予約から受付まですべて日本語が通じます。しかも、完璧な敬語に笑顔、清潔、親身な雰囲気。診療の際には、通訳が付きます。日本人の心情をよく理解しており、病気の子連れにはありがたいです。

到着すると、初診なので会社に支払いを請求するための書類を記入しました。その後、何度も家族で受診しましたが、最後まで我々が支払うことはありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.