くらし情報『遊び食べは成長に必要な行動?ママが頭を抱える遊び食べの対策を紹介』

2021年6月9日 12:00

遊び食べは成長に必要な行動?ママが頭を抱える遊び食べの対策を紹介

食べ物を手でつぶして机に塗りつけてみたり、飲み物をこぼして手で広げてみたり…….。遊び食べは多くのママを悩ませる行動です。1歳前後から始まることが多く、対処法がわからないというママも多いのではないでしょうか。この記事では、子どもが遊び食べをする理由や、遊び食べに対してイライラしない対策をご紹介します。

遊び食べがもたらす子どもへの影響

目次

・遊び食べがもたらす子どもへの影響
・遊び食べにも種類がある?
・ママのための遊び食べ対策法
・遊び食べは成長に必要な過程。対策でイライラを軽減しよう!
遊び食べは成長に必要な行動?ママが頭を抱える遊び食べの対策を紹介


子どもはなぜ遊び食べをするのか?遊び食べをする理由と子どもへの影響をお伝えします。

五感を使う探索活動
コップからお茶をこぼし机の上でビチャビチャと遊んだり、おにぎりをぐちゃっと握りつぶしご飯をこねたり……。

一見食べ物を粗末にしているように見えますが、子どもにとっては五感を使った探索活動の1つです。五感を刺激することで、脳や体の発達が促され成長に繋がります。「お茶に触れるとこんな音がする」「おにぎりを潰すとこんな感触」など子どもにとってはすべてが学びです。

大人の反応を見て学ぶ
食事中にスプーンを何度も落とすのも遊び食べのひとつです。「スプーンを落とすと大人が拾う」ということを繰り返すことで、子どもはスプーンを落とすと大人が構ってくれると認識します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.