くらし情報『学校を休みたい仮病の言い訳って信じていいの?親がすべきこととは』

2021年6月7日 12:00

学校を休みたい仮病の言い訳って信じていいの?親がすべきこととは

子どもが学校を休みたいと言ったら、親としては心配でたまりません。しかし、それがもし仮病なら、どういう対応したらいいのでしょう。今回は、子どもが仮病で学校を休みたいと言ったときの親がすべき対応について紹介していきます。

子どもが仮病で学校を休みたいと言ったら?

目次

・子どもが仮病で学校を休みたいと言ったら?
・仮病の言い訳をする子どもへの対応とは
・学校を休みたい仮病の言い訳は子どもからのサイン!
学校を休みたい仮病の言い訳って信じていいの?親がすべきこととは


朝起きる時間になってもぐずぐずしており、声をかけてみたら「具合が悪いから学校を休みたい」と子どもに言われたらどういう対応が正解なのでしょうか。

まずは仮病ごと受け入れる
あきらかに仮病だとわかっていても、「仮病でしょう?」と頭ごなしに言うのではなく、「頭が痛いんだね」「お腹が痛いの?」と受け入れましょう。仮病を使うということは、その奥に何か理由があるということです。その理由を解決しなければ、仮病はいつまでも治らないでしょう。

子どもに話を聞く
子どもの言うことをいったん受け入れたら、次に子どもの話を聞きましょう。「いつから痛いの?」「学校で痛くなることはある?」など、どんな時に痛くなるのか優しく聞きます。

先ほど自分の仮病を受け入れてくれた安心感から、子どもは正直に話してくれるでしょう。注意することは、最後まで口を挟まないことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.