くらし情報『仮病や言い訳をして体育を休む子供の心理とは?親ができる対処法も』

2021年6月8日 16:50

仮病や言い訳をして体育を休む子供の心理とは?親ができる対処法も

学校から「お子さんが体育の授業を仮病を使ったり、言い訳をしたりして休みがちです」といわれたら、どうしたらよいのか困惑してしまいますよね。今回は子供が仮病や言い訳をして体育を休む心理と対処法について解説します。

仮病や言い訳で体育を休む子供の心理とは?

目次

・仮病や言い訳で体育を休む子供の心理とは?
・体育を休みたがる子供への対処法
・体育を休む子供は親がサポートしてあげて
仮病や言い訳をして体育を休む子供の心理とは?親ができる対処法も


仮病や言い訳をして体育を休む子供の心理には、運動が苦手、あるいは現在の授業内容が不得意なスポーツであることが考えられます。

運動全般が苦手、苦手なスポーツがある
誰しも苦手なことはやりたくないと思うもの。そのため、子供が学校には普通に通学していても体育のみを休みたがるようであれば、運動が苦手ということが考えられます。

また、それまでは普通に体育の授業を受けていたのにある日を境に休みたがるという場合は、授業内容が苦手なスポーツである可能性が高いです。

体育を休みたがる子供への対処法

仮病や言い訳をして体育を休む子供の心理とは?親ができる対処法も


子供が体育を休みがちであったり休みたがったりする場合、ただ「頑張りなさい!」というだけでは解決になりません。子供が体育を休みたがる場合の対処法をご紹介します。

運動が楽しいことを伝える
運動が苦手な子供には、まずは体を動かすことが楽しいものであることを伝えましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.