くらし情報『遊び食べはいつまで続く?食べ物で遊ぶ原因と上手な対処法を紹介』

2021年6月9日 08:30

遊び食べはいつまで続く?食べ物で遊ぶ原因と上手な対処法を紹介

とはいえ、親にとっては思わず怒りたくなる行為ですよね。なるべくイライラしないためにも、遊び食べの上手な対処方法を見てみましょう。

汚れ対策をする
子供が遊び食べをした後は食べ物があちこちに飛び散り、片づけにひと苦労です。そこで、あらかじめ汚れ対策をしておくことで、遊び食べの後の片付けの手間を減らすことができます。

具体的な対策としては、以下が挙げられます。

・床に新聞紙やレジャーシートなどを敷く

・洗いやすい素材の椅子にする

・ひっくり返りにくい食器を使う

・受け皿付きの食事マットを敷く

・食事用のエプロンやスモッグを着させる

食事の時間を見直す
子供が食事中に立ち上がったり席を離れて遊び始めたりしてしまうのであれば、おまりお腹が空いていないことが考えられます。

食事の時間とおやつの時間の間隔が短すぎないか、1回の食事時間が長すぎて次の食事時間に影響が出ていないかなど、食事の時間を見直してみましょう。なぜ遊んではいけないのか理由を伝える
遊び食べは成長の一環であるとはいえ、食べ物で遊ぶことをただ放置するのは良くありません。遊び食べをする子供には、なぜ食べ物で遊んではいけないのか、具体的な理由を根気よく伝えるようにしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.