くらし情報『2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例』

2021年6月12日 12:00

2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例

子供の健康面を考えると、好き嫌いせずに料理を食べてほしいですよね。ただ2歳児になると、食わず嫌いが始まることも。

そこで今回は、子供が食わず嫌いする理由を紹介します。改善した成功事例も紹介するので、2歳児の食わず嫌いに悩んでいる人はぜひ参考にしましょう。

2歳児で食わず嫌いが目立つ理由

目次

・2歳児で食わず嫌いが目立つ理由
・2歳児の食わず嫌いを改善した成功例
・2歳児の食わず嫌いは一時的なもの!
2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例


2歳児で食わず嫌いが激しくなるのは、味覚の発達や強い警戒心が考えられます。それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

子供の味覚が発達してきたから
2歳児に食わず嫌いが起こるのは、子供の味覚が発達してきていることが考えられます。「美味しい」「美味しくない」が判断できるようになるので、食わず嫌いが激しくなってしまうのです。

新しい物への警戒心が強いから
子供は、個人差はあるものの1歳を過ぎた頃から徐々に警戒心が高まり始めます。自分が好まない匂いや新しく食べる料理に対して警戒心が強まるため、食わず嫌いが目立ってしまうのです。

2歳児の食わず嫌いを改善した成功例

2歳児の食わず嫌いが始まった!子供が食べない理由や改善した成功例


2歳児の食わず嫌いが目立つのは、子供が成長している証拠であるため過度に心配する必要はありません。しかし、残さずに食べてほしいと考える親も多いはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.